main-index.jpg

タスペーサー


タスペーサとは、縁切りに使われる部材です。コロニアル屋根・カラーベスト屋根に、タスペーサーを使って縁切りすることをタスペーサー工法といいます。

タスペーサーを屋根と屋根の間に挿入して、隙間を確保することにより、塗料の厚みで隙間が埋まってしまうのを防ぎます。従来のスクレーパーやカッターを使う縁切り工法の問題点を克服した工法です。

このタスペーサーを使うことで毛細管現象により内部に雨水が上がってしまっても

外に水分を出すことができるので、

屋根の雨漏りや腐食の可能性を軽減することができるのです。


千葉県の外壁塗装・屋根塗装はお任せください。

ページトップへ